整形外科治療|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

整形外科治療

当院の整形外科治療

image

整形外科は、関節疾患、骨折、靭帯・腱損傷などを骨や関節の疾患を治療する診療部門です。単に病気やケガを治すだけでなく、運動機能を元に回復させることを目的としております。
治療のプランニングや手術には熟練の技術が必要とされますが、当院では経験豊富な獣医外科医が様々な専門器具を用いて検査・治療に当たっております。

「歩き方がおかしい」 「座り方が変」 「体のどこかを痛がる」 「段差を昇りたがらない」「お散歩ですぐに座り込んでしまう」などの症状がありましたら是非一度当院へご来院下さい。

診断と治療

image

整形外科神経外科の診断の中に「触診」というとても大切な過程があります。この過程をおろそかにすると「レントゲンを撮ったけどよく分かりません、痛み止めで様子見てください」「MRIとらないと何もわからない」などという飼い主様を路頭に迷わせる結果に導いてしまいます。

診断は、基本的には麻酔や高額な費用を必要としない検査(触診、神経学的検査、正しいポジションのレントゲンなど)で疑える疾患を出来るだけ絞ります。この時点で治療方針が明らかになる場合は治療(内科、外科)するかどうかをご家族と協議します。
追加の検査(CT、MRI、関節液、脳脊髄液、リウマチ因子など)によってさらに有用な情報が得られそうな場合には費用もふくめて追加検査を行うかご家族と協議します。
基本的には他の診療科の進め方と同じです。
高齢のペットちゃんの場合はその他に優先して治療すべき疾患が隠れていないかも必ず考慮にいれます。

診断がついて治療を行っていく上で大切な感覚は、必ず飼い主様と一緒に「戦略」を練るという事です。これは一度手術したけどうまくいっていない症例、実は治療の成績に悪影響を及ぼす内科的疾患が併発している症例など、難症例と向き合うときには特に重要な感覚です。
手術が上手いと治る訳ではないのです。適切な「戦略」を選択して、それを的確にこなせば改善に向かっていく…というのが整形外科神経外科の治療です。

代表的な整形外科疾患

骨折

以前は交通事故が主な原因でしたが、最近は飼い主さんの抱っこ時に飛び降りたりして骨折する小型犬が増えてきています。
人間のように安静にしておくことが動物行動学上非常に難しく、ギプスなどによる外固定だけでは骨接合部がずれ、骨が変形して固まったり、一生涯癒合しない場合もあります。より的確な手術を行うことによって、そういったことを防いでいきます。

膝蓋骨脱臼

犬の膝において頻発する疾患です。
パピー検診の時に見つかる事も多く、積極的な治療が必要だと判断した場合には、6ヵ月齢~5歳くらいまでに手術する事が多いです。5歳以上で膝に痛みが出る場合は必ず全身の健康診断を優先して行います。その他疾患の全身性炎症反応により膝の痛みが強く出ている場合は、膝の手術をしている場合ではありません。


小型犬では外科的な介入を必要としない場合も多く、手術介入には的確な判断が求められます。ここ一年で(2016年6月まで)、手術後の再発症例の相談も複数頂きました。広く一般的に行われている手術ではありますが、実際には、個々の膝の状態に合った処置を見極めて実施しないと、術後再発してしまいます。免疫介在性関節炎など、手術介入してはいけないものに手術してしまうと、当然のように状況は悪化します。


当院では、手術するのか、しなくていいのか、してはいけないのか、の的確な判断を心がけています。手術介入させて頂く場合は再発しない手術を目指しています。ご気軽に相談して下さい。

股関節形成不全(股関節脱臼)

大腿骨(ふとももの骨)が骨盤の中の受け皿の骨から外れた状態を言います。事故や外傷が原因のケースもありますが、先天的な要因で飼主様の抱っこから飛び降りたりして脱臼することも多いです。
整復処置を行いますが、再脱臼する場合や整復が難しい場合は手術を行います。

前十字靭帯断裂

中~大型犬全般に頻発する疾患です。
膝蓋骨内方脱臼を無治療で経過観察している小型犬にも20%程度発症します。中~大型犬の場合はTPLOという角度矯正手術を採用する事により良好な成績があがっています。TPLOは膝関節に力学的な安定をもたらす手術であるために1泊入院で行える点もメリットといえます。


一方、5kg以下の小型犬では、PDSという吸収糸によるラテラルスーチャー法で強度的にも十分対応可能で1泊入院で良好な成績を収めています。膝蓋骨脱臼の手術を併用する場合を除いて、PDSによるラテラルスーチャー法はインプラントが残らないのも最大のメリットです。


前十字靭帯断裂を併発することのある悪性腫瘍(滑膜肉腫や悪性組織球腫など)を好発する犬種もあります。前十字靭帯の手術をするのか、しないのか、してはいけないのか、慎重な判断を要するという事です。小型犬~超大型犬まで、どうぞご気軽に相談して下さい。

ページトップへ戻る