機器紹介|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

機器紹介

機器・設備一覧

麻酔器

image

ドレーゲル社の麻酔器です。私の場合、整形外科の手術は局所麻酔を効かせて、瞼は動くくらいの浅い全身麻酔で自発呼吸のもとで行う事が多い為、自発呼吸をサポートする考えのプレッシャーサポートやSIMVなどオプション喚起モードも全て搭載しています。
肺の小さいペットちゃんにこのような高度な呼吸管理を行おうとすると、やはりドレーゲル社の麻酔器でないと実施出来ないと感じています。自発呼吸は肺の内側に圧がかからないため肺が傷まないのがメリットです。
もちろん強い痛みが予測される上腹部(肝臓、胆のう)や後腹膜(腎臓、副腎)の手術の際は、十分に筋弛緩を得て肺にかかる負担がない状態で強制換気(プレッシャーコントロール、ボリュームコントロール)する場合もあります。この場合も詳細な設定が行いやすく、使用する獣医師のストレスになりません。

デジタルレントゲン

image

デジタルX線システムです。撮影後すぐに画像が表示されるため待ち時間が短縮されます。
また、パソコンでのデータ管理となるため簡単に以前の画像と比較できます。

顕微鏡

image

モニター付きのため寄生虫や細胞の説明が視覚的にでき、静止画だけでなく動画でのデータ利用も可能です。

超音波診断装置

image

患者への侵襲がない高性能の超音波診断装置です。レントゲンで見落とすようなわずかな病変でも発見することができます。また腹部の病変だけでなく、血流の計測により心臓の精密検査にも役立ちます。

麻酔モニター

image

麻酔管理に必要な項目がまとまっている非常に便利なモニターです。このモニターと五感を駆使した監視で安全な麻酔管理が実現されます。
比較的コンパクトにまとまっているのでICUのベッドサイドモニターにも同じものを用いています。

消化管内視鏡

image

細径スコープの電子内視鏡システムですので、小型犬や猫の上部消化管を検査できます。また、開腹せずに誤飲による異物を摘出することが出来ます。
下部消化管用のスコープは別で用意しております。レントゲンと同じようにパソコンでデータを管理出来ます。

分包機

image

粉薬の分包を行う機械です。患者様に処方しやすいよう。より正確に、より迅速にお薬を分包することができます。

ステンレスゲージ

image

ステンレス製の衛生的なゲージを使用しております。
一つ一つが取り外し可能になっており、洗いやすいのも特徴です。

ページトップへ戻る