医院ブログ|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル|page47

あいけんペットクリニック

0898240196

医院ブログ

子宮蓄膿症から考える若齢での避妊手術の合理性

子宮蓄膿症   動物病院をやっているとコンスタントに遭遇する病気です。     積極的な治療を行えばほとんどが助かりますが…5%くらいは死亡します…。     この病気をヤリ玉に揚げて動物病院が利益のために避妊手術を励行している…というような記述をネット上で見かける事もあります…。    ...
>>続きはこちら

消化管内視鏡

動物病院ではどんな時に消化管内視鏡検査をするのでしょうか?     ◇2週間以上続く嘔吐(間欠的であっても) ◇2週間以上続く下痢(軟便・血混じりの便も含む) ◇低アルブミン血症(酷いと腹水でる) ◇エコー検査による腸間膜リンパの腫れ(間隔あけて2回以上観察される場合) ◇エコー検査により腸の構造が乱れている(塊を成す腸の腫瘤は内視鏡じゃ...
>>続きはこちら

会陰ヘルニア

今回は会陰ヘルニアという病気について。   何かが収まっているべき場所から逸脱するような状態にヘルニアという病名がつけられます。   例えば   ◇椎間板が、椎体と椎体の間(収まるべき場所)から脊柱管内へ逸脱する事を椎間板ヘルニア ◇小脳が、頭蓋内から(収まるべき場所)からやや後ろにはみ出てしまう事を小脳ヘルニア ◇腹腔内脂肪や...
>>続きはこちら

ページトップへ戻る