最近の麻酔シリーズ|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

医院ブログ

最近の麻酔シリーズ

狂犬病の注射液を配らないといけなかったので、

昼の外来閉めてる時間帯に手術を詰め込まずささっと終わらせて配りに行きました

 

昼は無人になっちゃう病院もあって…

配り切れず⤵

 

でも、収穫もありました。

とても元気が出るものも見れました。

 

昔ながらの今治弁の切れが良い、(口が悪いって言うんかな~(笑))

けっこう好きな長老先生の病院に行くと、

奥様と二人で大きい犬の避妊手術をされていて、

小学校の時に友達の家に勝手に入っていく要領で(笑)

スムーズに手術室まで侵入(笑)

すると、

モニターなんか当然無しで、

マスクでなんか嗅がせてて、

たぶんケタミンとメデトミジンとか中心の麻酔なんだと思うけど、

私が真似出来ない技をちらっと見れて、

感動しました。

 

ある例をあげると、

日本にはCTを導入している動物病院が割合的にめちゃくちゃ多いんだとか、

もちろんあったら使いたいし欲しいですけど、

ツーマッチな感じになってきてしまってるんですよね…。

血液検査の機械も、

一生懸命営業来てくれるけど、

どこまで院内でやるのかって所ですよね…。

 

若い犬猫だったらケタミン×α2ブロッカーで開腹手術できちゃうんですよ!

 

とにかく、なんか、元気をもらいました。

もっとお仕事頑張りますm(__)m

 

 

当院の麻酔も↓

◇2ヶ月も来てなさそうな1キロ台の仔犬さんの股関節離断術◇

いつも行ってる病院が整形の道具無いって事でウチに行っていいか?

という問い合わせで来てくれた子

見てみると、中足骨が皮膚から4本とも出てて、すでに腐敗臭…

かじられたかなんかだと思うけど、

温存は厳しい旨を理解して頂き、

断脚。

断脚は…整形の道具要りません(笑)

今回の麻酔のポイントは、

術直前にペースト状の缶詰めを小さじ山もり1杯食べさせた事。

ドレーピングするまでの毛刈りとかしてる時から、

ベアハガー(熊さんの抱っこ)で温め始めた事、

覚醒して痛すぎたら食べれないのでしっかり疼痛管理した事、

などなど、

こんな小さい子の股関節離断術は少し緊張しましたけど、

深い位置での作業は無いので、

思ったより普通に終了。

 

◇エンゲースを2年近く内服してた地域ネコさんの避妊手術◇

捕まらない、

めっちゃ産む、

というネコサン…。

とうとう捕まったとの事、

エンゲースそんなにずっと内服してて、

身体は大丈夫なのかと思いつつ、

触れないので必然的に、

ゲージ超しにMMBカクテル筋注

暴れた際に、体表にあったであろう膿瘍が裂けて、

大量の膿…

エンゲースの作用で易感染性となっていたのか???

気にせず(気にしてはいられない)避妊手術、

なんか、今まで見たことも触った事もない質感の子宮卵巣でした…。

地域ネコ活動も、

どこまでするのか…、

あまり自分を追い込まないように…、

と、お願いしておりますm(__)m

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る