#膵炎の薬 #新型コロナ|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

医院ブログ

#膵炎の薬 #新型コロナ

獣医療では、前からやってます。

 

肺の薬:エラスポール

膵臓の薬:ナファモスタット

 

どっちも同じような薬でしょ、

認可の取り方違うんでしょ。

くらいの感じで、

急性呼吸促拍症候群に陥っている、

もしくはそのリスクがありそうな症例への、

ナファモスタット使用歴は、当院以外でもかなりあるハズです。

 

なんでかっていうと、

エラスポールのジェネリックが無かった頃は(今はある)、

価格的に選択肢から外れやすかった(悲)

 

 

「ナファモスタット」

獣医師にとって、

それが無いと激しい手術が出来なくなるくらい、

依存性が高いお薬です(笑)

 

入荷困難とか

そうゆう事態にならない事をお祈りしますm(__)m

 

 

今も…

先週の金曜日に

吐いて下痢してアワ吹いて失神したという症状で来てくれた子が、

ナファモスタット流してます。

 

胆嚢粘液嚢腫で、

肝数値振り切ってて、

CRPも振り切ってて、

肺に水が出て息がしにくくなってた子、

48時間肺の水減らす努力して、

なんとか胆嚢とって(めちゃくちゃ癒着してた)

頑張ってます。

 

ナファモスタット無いとこんな治療出来ないです。

 

どうなるのか心配(´;ω;`)

 

 

ページトップへ戻る