休診のお知らせ:2019年11月30日(土)は休診です|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

お知らせ

休診のお知らせ:2019年11月30日(土)は休診です

休診のお知らせ

2019年11月30日は休診です

 

 

もしかしたら一番好きな科目?麻酔のセミナーに参加するためにお休み頂きます

(ちなみに普段終日休診させて頂いてる時は整形神経科の研究生活動に参加している事が多いです)

今、数えてみると11月の全身麻酔を必要とした処置55件。

だいたい毎月これくらいの全身麻酔を行っております。

どうしてもマニアックになってきます(笑)

最近、

他の獣医さんが入ってくれてる時に私抜きでも手術が出来るようにマニュアル化しようと試みたのですが…

私があつかう換気モードが多いのと、

局麻が実施出来たケース、

局麻が併用出来ないから思いっきりフェンタニル流してるケース、

肺障害に配慮して輸液が極小量かつpeepが普段見ないくらい高いケース、

等々で、

麻酔器の設定や森(シリンジポンプや輸液ポンプがいっぱいついてるタワーの事)の設定が様々なのでなかなかマニュアル化できない事が判明しました。

 

聞くと、、、

ヒトの病院でも、

麻酔医が居なくて外科医が渋々?(表現悪いかも)麻酔係をしているときは、

バシッと筋弛緩入れて、

強制換気モードでマニュアルライクな麻酔管理をしている事が多いとの事……。

(超マニュアル麻酔な動物病院がほとんどです、執刀してて麻酔医にノリノリにさせてもらえるような状況っていうのは動物病院ではほぼありません、以前の職場の麻酔の師匠は麻酔器の横に立ってるだけでめちゃくちゃ手術がやり易かったんです)

いいじゃんそれ、それいいじゃん

って思うでしょ???

でも、

そんな事はもう7年前くらいに思いついたさ⤵

私たちでは買えないくらい筋弛緩薬の拮抗薬が高いのですよ(泣)

 

 

だから、しばらく筋弛緩薬からは離れていました。

 

 

でも、後腹膜まで開腹アプローチする時に腹壁がフニャフニャになるとめっちゃやりやすいんです…。

骨折の時もウーンウーンってなる時がたまにあるんですけど筋弛緩入れるとめちゃやりやすかったり…。

これらは外科医目線…

実際に、

筋弛緩薬を盛り込んで麻酔するとなると、

問題になるのは痛いけど筋弛緩薬で動けてないだけという状況をどう避けるか…とか

買わないけど(あらかじめ決定している事項)脳波をモニターしたり…

麻酔科人間としては避けては通れない話題

 

 

だから久々に、筋弛緩の話聞いてきますm(__)m

 

ページトップへ戻る