膝蓋骨内方脱臼グレードⅣ|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

医院ブログ

膝蓋骨内方脱臼グレードⅣ

深い闇に包まれている膝蓋骨内方脱臼

 

簡単に手出せそうで再発しやすい手術…。

 

再発してて、

飼い主様ももーいいやってなってる足に何本も出会ってます(´;ω;`)

 

 

「〇〇をやれば再発しない」

とか

「△△をやれば◇◇より良いってエビデンスがある」

とか……

そんな感じのこと言ってると再発するんだろーなと思ってます(苦笑)

 

パラガード使ってたり

セキュロスのナイロン糸をかしめるキット使ってたり……

ラウンドバーで大腿骨遠位が折れそうなくらい造溝してたり…

 

うーん、なんか違う…

 

違うんです。

根本的に。

 

 

膝蓋骨内方脱臼グレードⅣの手術は…

「伸筋に伸筋の働きをさせてあげる状況をつくってあげる(伸筋が屈筋みたいに作用してしまってるのを解除してあげる)のに必要な処置を必要なだけ施す手術」

なんです。

 

これ、

①縫工筋前部リリース

②内側広筋リリース

③内側支帯のリリースは必要なかった、むしろカプセルのテンション稼ぐのに残した

④ウエッジリセッション(皮質骨の乗っけた時の安定性がブロックリセッションより勝る)

⑤脛骨粗面やや折り込み転移(長趾伸筋のやや内側にガイドピン打ってそこまでズラス≒最大移動幅)

⑥2-0PDSで外側支帯のタイトニング

と、

項目だけみるとフツーの膝蓋骨内方脱臼の手術。

 

全部大事。

程度が大事。(同じ膝でもMPLの手術はTPLOなんかより何倍も難しいんダゾー)

 

 

 

材料費もかからないしパッと出来る手術なので当院ではいつでも情熱的価格(某社のプライベートブランド情熱価格とは異なります)でこの手術行ってます。

ご気軽に相談下さいませm(__)m

 

 

奥(闇)が深いMPLシリーズでした(;・∀・)

 

 

 

 

ページトップへ戻る