脊髄造影の立ち位置(殊に今治において)|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

医院ブログ

脊髄造影の立ち位置(殊に今治において)

脊髄造影より優先されるべきであろう検査機器(MRI)をそなえた施設が出来てから、

 

なんだかうまく行かない、

流れが悪い、

患者さんが困る、

頸椎ヘルニアは温存が第一選択なのか????

 

いや、たぶん、おそらく、確実に、

手術の話を最初にするべきだと信じています…。

 

なので、しばらくは、

脊髄圧迫病変の存在が疑われて、

手術で治療を検討するケースにおいては、

脊髄造影~手術ってのが続きそうです。(首でも腰でも)

 

稟告、神経学的検査、脊髄造影……必要十分な情報がえられたと思ったら手術でいいと思います。

MRIとらないと罪か???

うーん、患畜が温存しかないと信じて痛いまま温存するくらいなら…要らない。

 

m(__)m

 

 

ページトップへ戻る