暑くなってきました。呼吸器や耳の問題を抱えてる子の話など|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

医院ブログ

暑くなってきました。呼吸器や耳の問題を抱えてる子の話など

獣医療の問題、

◇一回入れたら長く効くよっていう点耳薬……。◇

 

一回入れて効いてないと思ったらやめましょう(汗)

「高いのにずっと入れてたの~」っていう話を聞くと本当にツライです!!!

 

カジュアルに行くなら外側外耳道切開して耳の管理しやすくするのが良いと思うし…、

本格的にいくなら全耳道切除でしょう……。

 

私は、外側外耳道切除して耳を拭きやすくするのをけっこう愛用してます。

全耳道が良くて、外耳道切開は悪…的な極論を大学でたたき込まれますので…

誤解が生じやすいですが、

外耳道切開で予後が良くならないのは、

耳朱という解剖学的ランドマークの把握不足とか、

愛を込めてドレインボードを形成できてないだとか、

そうゆう事だろうとしか思えません……。

 

 

 

 

獣医療の問題、

◇ステロイドを異常なまでに避ける獣医◇

 

いやいや、ステロイド使わないと息できなくて死にますよって子います。

一般病院でもカジュアルに実施できる軟口蓋切除はもっと広く実施されるべきでしょう。

口が長い犬種はアプローチが難しい(口の横切らないとうまく出来ないレベル)のでちょっと敬遠、

原因が軟口蓋と確信も持ちにくいものも敬遠したい…。

けど、明らかに軟口蓋切除したら結果が出そうな子は、

ステロイドで落ち着けて軟口蓋切除の季節です。

 

 

近年、膵炎に対するステロイドの抗炎症作用が見直されているように、

周術期管理もNSAIDs一辺倒の考え方を見直すべきだとずーっと思ってます。

ブレンダが出てきたので全身性炎症反応症候群の認知も上がるハズです。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る