4月~GWのバタバタがやっと落ち着いてきた感じ…。|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

医院ブログ

4月~GWのバタバタがやっと落ち着いてきた感じ…。

4月狂犬病集合注射で思うように仕事が出来ず…

5月頭なぞの連休GWで思うように仕事できず…

調子が狂いますね。

 

今月中盤から後半にかけてやっと普段の流れが戻って来た感じで、

手術がスムーズに流れ始めて、

それはそれで疲れるので…(笑)

今日と明後日は何も手術しないように(したくないので)予定表を潰しております(笑)

 

 

今月の印象深い出来事…

 

◇TPLOで膝窩動脈からのけっこう大量出血を経験◇

おそらく膝窩動脈からの出血は起こっている事は今までもあったでしょうけど……

止まらない止まらないガーゼがすぐに血でビショビショになる……

圧迫して巻いてとりあえず中止……までなったのはハジメテ……。

 

二日間くらいはもう怖くて一生TPLO出来ないって思ってましたけど…

今月最近もう1件あって、

かなり古い文献を本棚から引っ張り出して昔はこうやってたってのから復習しなおして実施。

出血無し(´▽`)

 

時をさかのぼりまして…

おととし、

東京の動物の整形の外科の先生のTPLO観させて頂いた時に、

もう最近は膝窩筋と脛骨の間にガーゼ入れない、って事で、

それから私も入れてなかったのですが……。

(サジタルソーで刻まれたガーゼの微細組織が患者の体に残る事を懸念しての事)

 

なんかいろいろ、ガーゼ入れる入れないの話の他に手技のスマートさが全然違うんでしょうね……

 

昔の文献の手術の写真だと、

ガーゼがもりもり入ってます…

血出るような血管ないと思うんですけど前脛骨筋と脛骨の間にも何故かガーゼもりもり入ってます(笑)

そのくらい慎重にやってたんですね…。

 

そんな時、

思い出したのは…

整形とか神経外科の領域に古から伝わる有名な言葉…

「外人の言う事は信用するな」

 

みんな面白おかしく言いますが……

みんな痛い経験があるんでしょーね(>_<)

要するに日本にセミナーとか実習しにくるような外国の先生は

おそらくその分野の手術ばっかりやって1000件~それ以上やってるような先生なので…

セミナー受けて実習うけてちょこっと質問しても、

それで良しオケー、イケーしか言わないので(笑)

自分達とは全体的に(質問したり聞いたり実習したりしたところ以外の全体)作業の質が違い過ぎるんだっていう事なんですよね。

それを理解してそのまま鵜呑みにするなっていう教訓なんでしょうね。

書初め大会で是非書きたい言葉です。

もう一度言います

「外人の言う事は信用するな」

(↑外国の方を悪く言ってるワケじゃないよー、自分への戒めの言葉ですよー)

 

常に自分を成長させるし守ってくれるのはやはり解剖学の本とか文献だなーと改めて思いました(´▽`)

まあ、その文献も外国の偉い先生が書いてるんですけど…。

 

 

もう一つ

◇優先すべきは迅速性…?永遠の課題◇

先週、

単純な椎間板ヘルニアの可能性とその他の疾患の可能性が両方ありそうなケースで…

大学でMRIとってもらってそのまま治療してもらおっかなーと思って紹介……

結局、単一の頸椎ヘルニアで大学で再診重ねながら観てもらう方針…

だったんですけどやっぱり痛くて我慢できなくて日曜日にウチでさっとベントラルスロット……。

紹介って難しい。

関東だとすぐにMRIとってくれる施設がどこかしらあるのですが…

まだ、

今治はじめそれ以外の地域だと、

一次病院での脊髄造影レントゲンもしくはCT~そのまま手術の迅速性が侮れないって感じですかね…。

 

それでもやっぱり、

難しそうな症例だと自分の精神保護のためにも(笑)大学に送りたい気持ちでいっぱいですけどねー(-_-;)

 

 

去年から

二次病院が近くにあるっていうありがたい環境になってますので、

ウチで脊髄造影~よく解らないから大学でMRIって流れが生まれうる訳で……

その2度手間を恐れて、いきなり大学紹介するケースも増えてきてます……、

それで結局、ウチで脊髄造影でそのまま手術すりゃよかったやんって症例は今後数出てくるとは思います……。

でもでもでもでも、やっぱりMRIは重要なんです。

 

 

迅速性が優先されるのはおそらくいきなり立てなくなったダックスとか極めて限られた一部の神経疾患でしょうね…。

 

 

 

しばらく休診がありませんでしたが、

来月はちょこちょこ休みますm(__)m

よろしくお願いします。

 

追記:

ウチのネコヤマさん…真面目な顔でこっちを見つめて3日間何も食べない…2㎝幅のエプロンとかの紐を召し上がりになられておりました。今月はネコヤマさんの記念すべき二回目の腸切開も行われましたm(__)m手術の後はやはり感謝すべき人が判ってるのか…全然噛んで来ません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る