仔犬・仔猫の嘔吐には…呼吸器疾患が隠れてる!?|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

医院ブログ

仔犬・仔猫の嘔吐には…呼吸器疾患が隠れてる!?

購入してまもない2か月齢仔犬

主訴(飼い主様の訴え)

◆嘔吐

◆下痢

◆元気消沈

 

何を考えますかね…。

 

主訴だけ見ると胃腸の問題を考えてしまいますね…

そこで、診て触っての所見が重要になってきます

所見

◆高体温

◆湿性ラッセル音

 

短期間に何度も病院にかかっていたようなので

当院では初診でしたがすぐに検査をオススメ

レントゲン所見

◆レールサインなどの気管支炎

%e6%b0%97%e7%ae%a1%e6%94%af%e7%82%8e

◆気管支閉塞

%e6%b0%97%e7%ae%a1%e6%94%af%e9%96%89%e5%a1%9e

 

血液検査所見

◆CRP(炎症マーカー)は異常に上昇

◆WBC(炎症で上がるハズ…)は正常値…

◆貧血

◆アルブミン低め

 

 

これって、……

WBCは上がってるけど

WBC下げる要因もある……

 

敗血症ショックですよね…。

 

 

 

入院しないと死にます!!!

 

 

入院3日目にやっと

WBC上昇3万オーバー(高すぎだけど、敗血症で低いよりは改善と言える)

CRPも下がりはじめ

貧血も改善しはじめ

アルブミンも上がりはじめた(´▽`) ホッ

 

 

ここまでは、

「仔犬仔猫の嘔吐は呼吸器疾患隠れてるかもよ!」

っていう、結果的にホッとした話と

ここから、

暗くなる話……。

 

 

 

獣医さんは、みんな(少なくとも私は)、

「検査勧めすぎると嫌がられないかなぁ?」

とか、

どこかのネット記事じゃないけど…

「金儲け主義で検査めっちゃ勧めてくる病院と思われないかなぁ?」

とか、

ビビりながらも(笑)

病める動物の為に必要な検査を、

もちろん有料で行っております。

 

 

 

 

 

以前に書いたブログ記事の

家に来て2日目で小腸がソケイから飛び出して陰嚢に詰まってしまった仔犬のケースもそうですけど……

 

 

 

 

 

 

我々、一次診療の獣医師にとって大切なのは、

ズバッと異常がある事を飼い主様に伝え得る事です。

 

アタリマエと思う人も多いと思いますが…

これがまた、

闇を抱えているんです(悲)

 

 

 

言い方を変えると

ズバッと、

購入したばかりの商品に欠陥がある事を伝えなければならないのです。

 

 

 

 

的確に、

ズバッと言い過ぎると、

販売元の人からクレームを頂いたりする事もあります(笑えるし悲しすぎる個人的な経験有)

それ以降は、

そのペットショップからはパピーが来なくなります(笑)

 

 

 

 

今は、

まともな販売元であれば、

引き渡したばかりのペットちゃんに、

引き渡す前からあったかもしれないし(ここ重要)

引き渡した後に陥ったかもしれない(ここ重要)(どっちかなんて誰も決めようとしてない)

異常があって、

治療費がかかっただとか、

手術が必要だったとか、

死亡したとか……

あれば、

診断・治療した動物病院にクレーム等はいれずに(笑)

迅速で適切な対応をしてくれるハズです。

 

 

 

私は…

こうゆうケースでも、

ズバッと、

お金がかかりそうですよ(検査~治療が必要ですよ)

って言える獣医師であり続ける事を誓います。

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る