鼠径ヘルニア・陰嚢ヘルニア|今治市大新田町にある動物病院|犬、猫、ペットのトラブル

あいけんペットクリニック

0898240196

メールでお問い合わせ

医院ブログ

鼠径ヘルニア・陰嚢ヘルニア

明日で丁度2ヵ月齢になる900gのわんちゃんが麻酔をかけなきゃいけない状況に(汗💦)

 

嘔吐と元気消沈が主訴…

大きな鼠径・陰嚢ヘルニアがある…

鼠径ヘルニア⑦

鼠径ヘルニア⑩

鼠径ヘルニア⑪

エコーを見ると…消化管がはみ出してるじゃないですか…!!!

 

嘔吐との因果関係は???

一対一の原因と結果では無いかもしれないし……

 

でも、実は載せたエコーは入院2日目のもの

時間とともに黒い部分に水が溜まってきてるので間違いなく嘔吐の原因だと確信して麻酔かける事に…

 

 

さて、何に気を付けて麻酔をかけようか…

 

鼠径ヘルニア①鼠径ヘルニア②

気持ちだけでも(笑)麻酔回路を小さくする努力をして…

 

でもこれだけじゃ麻酔器の近くとわんちゃんの肺の中の気体が入れ替わらないので…

 

鼠径ヘルニア③

 

低流量麻酔が近頃のはやりですが…

今回のようなケースでは弁を開放気味にしてたくさん流して余剰ガスを捨てる考えで行きます

 

鼠径ヘルニア⑤

 

セボフルランをだだ流しにします(笑)もったいない

 

鼠径ヘルニア④

大気解放されたセボフルランをみんなで吸って(笑)

ウソです…

小さい病院には建物に余剰ガスを吸い込んでくれる工事してないので、こんなカンカンに吸収させます…

たぶんそんなに吸収出来てないと思いますが…

そして結果的にみんなで吸ってますが…(笑)

 

鼠径ヘルニア⑥

 

小さいわんちゃんだと気管チューブ入れるのも工夫が必要です…

尿道カテーテルを先に滑り込ませてなんとか入れます。

 

 

 

 

手術は話題性低めなので触れずに…

おいといて…

 

 

 

 

 

鼠径ヘルニア⑧

終わった後はとにかく温めます。

こんな風景です。

糖分を含むカロリーの高い輸液を選択するのも重要です。

体温戻らないとおもったら血糖値を計ります。

人工呼吸による肺障害が、考えられる最も怖い合併症なので、必ず正確に計算して輸液量を決めます。

今回は術前術中術後2.5ml/時で流しました。

多すぎると肺障害を重篤化させる危険性があります。

 

 

これだけ小さいと、術中から温めてても絶対体温下がるので、

低体温時の麻酔要求量を予測しながら後半は麻酔ガスを半分くらいにする感覚が必要です。

 

そして、焦ってすぐに麻酔から覚ませるのではなくて、

必ず、体温が戻ってから麻酔を切ります。

 

そうしないと震えて酸素を余計に消費して脳が低酸素になる可能性が高まります。

 

床で覚醒させるのもポイントですね。

落ちたら死ぬかもしれませんので……

 

 

鼠径ヘルニア⑨

 

当院ではくまさんに抱っこされてるのと同じ効果が得られる保温マットを採用しております。

くまさんの匂いはありません。

そして、ベアのスペルがair(エアー)になってるのに気が付いてあげて下さい!!!

 

 

 

 

 

 

あー疲れた!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る